よくわかる矯正歯科医院の選び方(表側矯正) 矯正歯科医が教えます


歯医者って沢山あるけど、どこで矯正しよう・・?5つのポイントを教えます

1 相性の良い先生のいる医院を選ぶ

矯正治療は年単位の長いお付き合いになる治療です。当たり前のことですが、人間的に相性が良くないとちょっと辛いですよね。
また、良く説明してくれる先生のほうが望ましいです。その分野の”権威”のような先生でも、ちゃんと説明してくれなければ患者目線では失格です。

2 認定医、専門医のいる医院を選ぶ

日本矯正歯科学会や成人矯正歯科学会の認定医を取得しているDrであれば、表側矯正については技術が保証されていると考えて良いでしょう。
注意点としては、矯正認定医でも治療方針が異なることが良くあること。”抜かない、早い、安い”は矯正医にとって患者様への”殺し文句”の一つですが、時間をかけて抜歯矯正したほうが良い場合もあります。Drにより治療方針が分かれる場合には、大学病院を含めて複数の医院を受診することで”一般的な意見”がどういうものか見えてくることがあります。”大多数の歯科医師の意見”が正しいとも限りませんが、矯正歯科医なら誰でもできる程度の治療だということは確かでしょう。本当に優れた矯正医であれば、大多数のDrができない治療方針を提示することができる場合があります(たとえばインプラント矯正などです)。
また、日本矯正歯科学会の認定医は大学で研修を積んていないと取得できない資格です。卒業後、海外や開業医で修行を積んだDrはどんなに優れた技術があっても基本的に取得は困難です。

3 矯正専門歯科医院のメリットは・・

いつでも矯正治療を受診できることです。一般歯科医院だと、外部から矯正担当医を呼んでいることが多く、”月1回の矯正日”を逃してしまうと次に受診できるのは翌月になってしまう・・ということがあります。また、矯正専門歯科医院には多くの場合、認定医が在籍していることが多く、表側矯正については技術が保証されています。

4 一般歯科医院のメリットは・・

抜歯や虫歯の治療を自分の医院で行えることです。矯正歯科医は麻酔すら自分でやらないDrが多く、矯正治療前の抜歯や虫歯治療は一般的に他院に外注します。矯正治療中に虫歯ができることもよくありますが、一般歯科医なら見落として重症化することも少ないと言えます。
また矯正専門歯科医院は都会に集中する傾向がありますが、一般歯科医院は圧倒的に数が多いので、より居住地に近い便利な場所で受診できる可能性が高くなります。

5 料金的に大丈夫な医院を選ぶ

料金が安い医院の中には、矯正の技術が不十分な医院もあります。特に”部分矯正”や”インビザライン”で注意が必要です。全体矯正でないと直せない症例のほうが圧倒的に多いですし、インビザライン治療もリカバリーのワイヤー矯正が必要になることが多くあります。
資金的に余裕がある方の場合は、一部の都心の医院にあるように有名な歯科医師自身が少数の患者様に対してより長い時間をかけて治療に当たるようなスタイルを期待できます。
料金を抑えた医院の中にも、経営的な努力を重ねながら認定医レベルの矯正医が大学病院レベルの治療を行っている医院はあります。

おわりに

結局のところ、”先生を信用できるか?”が一番重要なポイントになりそうです。よく情報収集をして、自分に合った医院を選択して頂ければと思います。
オーラルデザイナー新宿デンタルクリニックは複数名の矯正認定医が在籍している矯正専門医院でありながら、料金は都内有数のお手頃価格に抑えています。また自院で一般歯科治療、インプラント治療も行えるので、矯正治療に偏らない真に優れた治療の選択肢を患者様にご提供できます。


●診療時間
平日:11:00~13:00 / 15:00~20:00
土日:10:00~13:00 / 14:30~17:30
※木・祝祭日休診

オペレーター