インビザラインのデメリットとは~矯正歯科医が教える7つのデメリット


大人気のインビザライン!でも、注意しないといけないことが実は沢山あるんです。

1 抜歯の矯正ができない

基本的にインビザライン単独で抜歯を伴う矯正はできません。毎年いろいろな改良が加えられていますが、矯正歯科医の一般的な認識としてはインビザラインで抜歯の矯正を行うことは困難と考えられています。インビザラインで抜歯矯正を行う場合、実際にはワイヤー矯正が併用されていることがほとんどです。

2 歯に何もつかないわけではない

インビザライン治療では多くの場合”アタッチメント”と呼ばれるプラスチックを歯に貼り付けます。何もつけないことを選ぶことはできますが、計画していた歯の動きができなくなる可能性があります。

3 歯を少し削ることが多い

歯と歯の間をしばしば削ります。抜歯の矯正ができないので、スペースをかせぐために歯と歯の間を削ります。削る量は最大で0.5mm程度で、この程度では歯の健康は損なわれず、削るときの痛みもほとんどありません。ただあまり多くの場所を削る位なら、抜歯矯正を選択したほうが良い場合もあります。

4 奥歯が当たらなくなりやすい

インビザラインの代表的な副作用です。奥歯と奥歯の間にマウスピースをはさむので、噛む力が矯正力となってしまい、もともと噛んでいた奥歯が当たりにくくなることがあります。日中に歯を嚙みしめる癖のある方や、歯ぎしりをする方の場合は影響が出やすいです。
この状態はインビザライン単独でのリカバリーが難しくなることが多いです。部分的にワイヤー矯正を行い、顎間ゴムなどを併用して治療に当たることが必要になります。ワイヤー矯正ができない一般開業医での対応は難しく、矯正専門医院でインビザライン治療を受ける最大のメリットはこの点にあります。

5 一度ズレたら元には戻らない

インビザラインは最初に型をとってアメリカに送ると、工場から1年分なら1年分、2年分なら2年分、まとめて医院に届きます。いちいち型どりをしなくて良いところは楽なのですが、時間がたてばたつほどマウスピースと歯の間に隙間が空きやすいです。インビザラインは歯の上に被せる”帽子”のようなものです。ぴったりくっついていれば歯は動きますが、間に隙間ができてしまっては歯に全く力がかかりません。特に歯を引っぱり上げるような力は加わりません。
マウスピースと歯の間に隙間が空いたとき、1本程度であればリカバリーの方法もありますが、全体的にフィットが悪くなってきた場合は型の取り直しが必要です。

6 長時間使わないといけない

インビザラインでは1日22時間以上の装着が推奨されています。多少これより短い装着時間でも問題はありませんが、かなり辛抱強く使用していく必要があります。

7 ワイヤー矯正より時間がかかることが多い

一般的に、ワイヤー矯正のほうが時間が短く終了する傾向があります。インビザラインは歯科医師が調整できないので、何か修正しようとすると型をとってアメリカに送る時間のロスが出てきます。歯の動きはどんな矯正方法でも差はありませんが、インビザラインは小回りが利かないぶん、時間がかかりやすいと言えます。

おわりに

インビザラインは正しく使えばメリットの大きい治療法です。ですが、ネット上での情報はインビザラインを勧めたい企業とクリニックからの話ばかりで、コマーシャルベースに偏っています。
本来、抜歯の矯正で行うべき矯正をインビザラインで無理に行って失敗した患者様、インビザラインで奥歯と奥歯が当たらなくなったまま終了とされてしまった患者様のリカバリー治療を行った経験のある矯正専門医院は少なくないと思います。
インビザラインの適応症を間違えず、少なくともリカバリーのワイヤー矯正ができる歯科医院にて治療を受けることがお勧めです。


●診療時間
平日:11:00~13:00 / 15:00~20:00
土日:10:00~13:00 / 14:30~17:30
※木・祝祭日休診

オペレーター