安い、料金、インビザライン、マウスピース

インビザライン(マウスピース矯正)

表から見えない矯正には、ワイヤー矯正(裏側矯正)とインビザライン®(マウスピース矯正)があります。
抜歯を伴う場合や細かい噛み合わせの調整が必要な場合などはインビザラインより裏側矯正のほうが適しています。

逆にデコボコがそれほどキツくない場合には裏側矯正はオーバースペックで、インビザラインで十分に対応が可能です。

マウスピース矯正

マウスピース矯正

マウスピース矯正は違和感が最も少なく、いつでも外せるのが大きなメリットです。
結婚式などの予定がある場合でも使いやすく、仕事上話す機会が多い方にも適しています。
通院間隔もワイヤー矯正より長くとれるので、忙しい方にも向いています。
マウスピース矯正は装着していないと動かないので、必ず1日20時間以上装着していただだかないと効果が出ません。。
また抜歯を必要とする矯正や、もともと上顎と下顎の位置関係がズレているような場合には不向きとされています。

インビザライン(Invisalign)

Invisalign1997年に米国で開発された「インビザライン・システム」は、最新の歯科矯正理論と、米国アラインテクノロジー社独自の3D画像化技術やCAD・CAM等の最先端技術を融合させた、新しいアプローチの矯正歯科治療です。
インビザラインは、世界45カ国で約8万人の矯正医に導入されており、340万人以上の治療実績があります。世界で最も普及しているマウスピース矯正法です。
PC画面インビザライン作製にあたり、まずはとった歯型をアメリカに送ります。
歯型を最新のCAD・CAM技術で読み込み、PC画面上で歯を理想的な位置へ少しづつ動かしていきます。
この様子はカウンセリング時にPC画面上で実際にご覧いただけるので、わかりやすいと非常に好評です。
歯型をとってから約1ヵ月後にご来院いただいて、治療計画、費用、期間などをご説明します。
その後に発注を行ない、2~3週間後に装置が届きます。
装置装着後は最初は2~4週間に一度ご来院いただいて、その後は1~2ヶ月に一度程度のご来院間隔になります。

当院はプラチナプロバイダーに認定されています

Invisalign当院は米国アラインテクノロジー社よりプラチナプロバイダーの認定を受けております。
ワイヤー矯正を行えない一般歯科医がインビザラインを行っているケースがありますが、インビザラインはワイヤー矯正を併用しなければならないことも多くあります。インビザライン治療も矯正専門医院での治療が望ましいと言えます。

インビザラインの料金

当院ではインビザラインを都内有数のお手ごろ価格で行なっています。

安さを強調する医院の中には個数制限のあるインビザラインLITE(14個まで)などの値段を正面に出しているケースがありますが、インビザラインでの治療は個数制限の無いインビザラインFULLで行うことがほとんどです。

当院ではインビザラインFULLを56万円(検査料含めて60万円)というお手頃価格にて行っております。

検査料、調整料は別途かかりますが、短期間で終了する場合は総額制だとむしろ高額となります。トータルの費用でみても当院のコストは抑えられています。

当院では抜歯を必要とする矯正治療はインビザラインで行っておりませんのでご注意下さい。例外的に抜歯を伴う矯正がインビザラインシステムでできる場合もありますが、基本的に抜歯矯正は裏側矯正などのワイヤー矯正を用いて治療を行っております。また当院に限ったことではありませんが、インビザラインの性能を超える動きが必要になった場合には表側のワイヤー矯正を併用する場合があります。

難症例では困難加算が必要になる場合があります。

初回矯正相談 無料(2回目以降は3千円)
インビザライン診断検査料 4万円
インビザライン矯正料 56万円
困難加算 3~15万円
※通常はかかりません
調整料 3,000円
※調整料は3週間を超えないときにはかかりません
リテ―ナ― 無料
(ワイヤータイプは1個1万円)

インビザライン治療の流れ

<STEP1>初診無料カウンセリング

<STEP1>初診無料カウンセリング口腔内を診察し、最適な治療の方針を患者様とご相談していきます。
矯正の治療方針は患者様のご希望により大幅に変わってきます。
詳しいご説明は精密検査後になりますが、予想される費用、期間などについても簡単にご説明を行ないます。
初回相談は無料で、所用時間は30~60分です。

↓

<STEP2>精密検査

<STEP2>精密検査写真撮影、レントゲン撮影、口腔内診査など矯正治療に必要な検査を行なっていきます。
インビザライン専用の歯型もこのときにとり、この後アメリカへ送ります。
費用は4万円で所要時間は約60分です。

↓

<STEP3>カウンセリング

<STEP3>カウンセリング検査後、約1ヵ月後にカウンセリングを行ないます。
この間、アメリカから送られてきた歯型の3Dデータをもとに歯科医師が治療計画を立案します。
患者様には、パソコン上でご自分の歯がどのように動いていくのか、3Dでご覧いただけます。

↓

<STEP4>治療開始

<STEP4>治療開始ご入金確認後、正式な発注を行ない、2~3週間で装置が届きます。
マウスピースの装着方法や、1日20時間以上装着しないと効果が出ないなどの、注意事項をご説明します。マウスピースは2週間ごとに交換します。
通常、次回の来院は1ヵ月後になります。

↓

<STEP5>通院

<STEP5>通院2回目の来院時に、必要であれば歯にアタッチメントという歯と同じ色のレジン(プラスチック)を装着します。
また、歯を並べるための隙聞を作るために、健康を損なわない範囲で歯と歯の聞をわずかに削ることがあります。痛みは通常ほとんどありませんのでご安心ください。
その後の通院は1ヵ月~3ヵ月に一度となります。

↓

<STEP6>保定

<STEP6>保定歯並びがきれいになった後、後戻りを少なくするためにリテーナーと呼ばれる装置を使用していただきます。
透明なマウスピースタイプのものや、場合により就寝時だけワイヤータイプのリテーナーを使用していただきます。 保定期間中は、3ヵ月~半年に一度程度の来院間隔になります。
通常、約2年間経過観察を行ないます。

●診療時間
平日:11:00~13:00 / 15:00~20:00
土日:10:00~13:00 / 14:30~17:30
※木・祝祭日休診

オペレーター