裏側矯正、安い、費用

裏側矯正

表から見えない矯正には、ワイヤー矯正(裏側矯正)とマウスピース矯正(インビザライン®)があります。
裏側矯正は抜歯を伴う場合や難症例にもご対応が可能です。

いっぽう、それほど複雑でないケースの場合はよりお手軽なインビザラインを用いたほうが良い場合もあります。

裏側矯正

裏側矯正1

抜歯を必要とする場合にも対応できる、見えない矯正の中で最もスタンダードな治療法です。
昔は表側矯正と比べて対象となる症例が限られていると言われていた時代もありましたが、現在では表側矯正で対応できるものはほぼ全て裏側矯正でご対応が可能です。

裏側矯正は大学ではほとんど行われておらず、開業医を主体に発展してきた技術です。患者様は一部の開業医に集中する傾向があります。

裏側矯正に必要な知識、技術力はかなりハイレベルであり、熟練した技術者であれ細かい調整には時間がかかります。

また質の高い裏側矯正治療を行うためには質の高いセットアップ模型(後述)が必要で、現在3D技術が進歩してきているものの、院内技工士がいるかどうかは非常に重要な要素です。
裏側矯正には上下とも裏側に装置をつける「フルリンガル」と、上だけ裏側に装置をつけて下には表側に装置をつける「ハ―フリンガル」の2種類があります。
ハーフリンガルには、費用を抑えられるメリットがあります。

裏側矯正2

裏側矯正では型をとった後にまず「セットアップ模型」という理想的な位置に歯を並べた模型を作ります。
これをもとに、患者様それぞれの歯の形に合わせてオーダーメードの装置を作成していきます。

裏側矯正3

セットアップ模型をもとに、ブラケットを歯に正しい位置に装着するための「コア」と呼ばれる装置が歯1本ごとに製作されます。
装置装着後は約1ヵ月に一度の通院となります。

当院での裏側矯正治療の特徴

裏側矯正

①インプラント矯正のエキスパートです
当院ではこれまで2000本以上の矯正用マイクロインプラントを埋入してきました(2017年10月現在)。院長はもともと一般歯科医出身なので矯正医としては珍しく日本口腔インプラント学会専門医の資格を有しています。2017年にはインプラント矯正で有名なプロシード社より2000本以上の埋入実績が認められ”ゴールドカスタマー”として表彰を受けました。
裏側矯正は矯正用インプラントとの相性が抜群に良く、矯正用インプラントをいかに自在に扱えるかが成功の鍵と言えます。

裏側矯正 ②院内技工士が在籍しています。
当院は裏側矯正の患者様が多いので、院内にて自前で裏側矯正の装置を製作しています。
歯科医師と技工士が密にコミュニケーションを取れる環境の中で、質の高い装置を製作しています。

当院で使用するブラケット

Clippy-L

当院の裏側矯正では、主に日本製の「Clippy-L」という世界最小レベルの装置を使用しています。
違和感は少ない方ですが、装着後1ヵ月程度は滑舌が悪くなるなどの症状が出ることがあります。徐々に慣れてくるのでご安心ください。

裏側矯正の料金

当院の裏側矯正の料金は良心的な価格です。
調整料は他院での表側矯正の調整料と同程度です。
裏側矯正のお支払方法は一括払い、またはデンタルローンにお申込みいただく形になります。

●診療時間
平日:11:00~13:00 / 15:00~20:00
土日:10:00~13:00 / 14:30~17:30
※木・祝祭日休診

オペレーター