裏側矯正、インビザラインを良心的な料金で行います

骨を造る手術について

骨を造る手術について

インプラント治療はインプラントを埋め込むための顎の骨がないと行なえないため、骨が足りない場合は骨を新しく造る骨造成を行ないます。
インプラントは天然の自分の骨に入れるのが良いとされているため、骨造成を避けるために、インプラントを少し傾けて入れる傾斜埋入という方法などがあります。 傾斜埋入ができない場合、骨造成が必要になります。
骨造成は決して容易ではなく、どこにでも自由に骨を造れるというわけではありません。

骨造成の当院治療例はこちらです

サイナスリフトについて

上顎の奥歯は、インプラントを埋め込むために必要な骨の厚みが足りないことの多い代表的な部位です。

サイナスリフト1

上の奥歯の根の先に近いほうは空洞になっており、中に骨がありません(左図の青色の部分)。
歯周病などで歯を失ったときには、骨が大幅に無くなってしまうので、インプラントを入れることができる骨の厚みが1ミリ以下ということも珍しくありません(上顎洞は空洞ですが、わかりやすくするために青色で表現しています)。

サイナスリフト2

インプラントは左の写真のように埋め込むのですが、インプラントを支える骨の量が少なく、このままでは上顎洞にインプラントが飛び出してしまいます。

サイナスリフトの術式について

サイナスリフトの術式

上の図のように、上顎洞の外側の骨に小さな穴をあけて、骨のもとになる材料(自分の骨など)を入れます。
インプラントを同時に埋め込む方法と、術後半年ほど経ってからインプラントを埋め込む方法があります。
サイナスリフトの成功率は5年以上経過したもので9割以上といわれています。
欠点は、通常のインプラント治療に比べて外科的侵襲がやや大きいことと、歯を装着するまでの期間が半年~1年ほど余計にかかってしまうことです。

GBRについて (GBR:Guided Bone Regeneration)

骨の横幅が足りないときに行なう手術です。
前歯でも奥歯でも行なうことができますが、いくらでも骨を増やせるわけではありません。

GBR1

たとえば上の図のように、歯を失うと骨が痩せてしまいます。

GBR2

このまま骨の幅が狭い状態でインプラントを埋め込むと、上の図の左側のようにインプラントの外側の部分が骨からはみ出てしまいます。 はみ出たインプラントの部分を自家骨(自分の骨)などの材料で覆うようにして、さらに特殊な膜を被せると新しい骨ができてきます。
このように骨の高さや幅が足りないところに新しい骨を造ることをGBRといいます。

●診療時間
平日:11:00~13:00 / 15:00~20:00
土日:10:00~13:00 / 14:30~17:30
※木・祝祭日休診

オペレーター