保定装置(リテイナー)の種類について


沢山種類があるリテイナーについて矯正歯科医が解説します

インビジブルリテイナー

透明なマウスピース型のリテイナーです。目立たないので、裏側矯正やインビザラインで矯正を行った患者様にも使いやすいです。製作が比較的容易なので、即日にリテイナーがどうしても必要になったときにも対応できる場合があります。歯がもともとねじれていた場合や、すきっ歯だった患者様の後戻りを防ぐ効果も高いです。欠点としては、歯の上面がマウスピースで覆われているため歯が自然に伸びてきて噛み合わせが改善する効果を期待しにくいことと、歯と歯を当てる”かみしめ”の癖がある患者様の場合、せっかく噛んでいた奥歯と奥歯の間に隙間があく場合があることです。インビジブルリテイナーを長期使う場合は噛み合わせをしっかり仕上げて、”かみしめ”のある場合は比較的早期に就寝時のみの使用に切り替えるなどの対応が必要です。

セットアップアライナー

インビジブルリテイナーの応用バージョンです。最後にちょっと後戻りしてしまった・・といった場合、歯の模型をすこし綺麗に配列してインビジブルリテイナーを作って患者様に装着していただくとわずかな歯の移動を行うことができます。

プレートタイプリテイナー

外側には針金、内側にはプラスチックを用いた、最も一般的といえる入れ歯のような形のリテイナーです。歯の表面を覆う針金の範囲は症例によって異なります。欠点としては外側に針金が来てしまうので、裏側矯正やインビザラインなどの審美的な矯正を行った患者様には使いにくいところがあります。

タングクリブ

プレートタイプのリテイナーに、舌を歯と歯の間に出さないためのフェンスを組み込んだものです。舌を歯と歯の間に突っ込む癖(舌突出癖)を抑えることは開咬や空隙歯列の後戻りを防ぐ上で非常に重要です。

スプリングリテイナー

プレートタイプリテイナーの前歯だけバージョンのようなリテイナーです。主に下顎前歯などに使います。利点としては前歯だけを覆うので装着感が良いことです。欠点としては奥歯にデコボコが強かった患者様の場合に奥歯が後戻りしてしまう可能性があること、歯と歯の間の上を針金が通るのでその部分に隙間が空きやすいことなどが挙げられます。

フィックスタイプリテイナー

歯に直接針金を貼り付けるタイプのリテイナーです。利点としては、取り外し式のリテイナーの場合には患者様がちゃんと使って頂かないと後戻りしてしまいますが、固定式の場合には患者様の協力に頼ることなく後戻りを防げます。欠点としては、掃除がやりにくいので歯と歯の間が虫歯になったり、歯石がたまりやすいこと。また特に上顎前歯の裏は下顎前歯が噛み込む場所なので、そこに針金を貼り付けても剥がれるケースが多いことです。通常は下顎前歯の裏に使用することが多いです。

キャストリテイナー

”キャスト”とは”鋳造する”という意味です。歯の裏にぴったり合うように鋳造した金属を貼り付けます。用途としては歯根が短かったり、歯周病で動揺が強かった場合に歯の固定も兼ねて保定を行う場合や、歯の欠損があった場合にダミーの歯をくっつけて保定と欠損補綴を兼ねて使う場合などがあります。強い接着剤で装着しますが、だんだん剥がれてきてしまうことが多いです。

おわりに

リテイナーは完全なものが無く、用途に合わせて使い分けが必要になります。また医院の方針によっても異なるところがあります。
オーラルデザイナー新宿デンタルクリニックでは裏側矯正やインビザラインなどの審美的な矯正治療を行う機会が多いのでインビジブルリテイナーを主に使用していますが、状況に応じて色々なタイプのリテイナーを使い分けしています。


●診療時間
平日:11:00~13:00 / 15:00~20:00
土日:10:00~13:00 / 14:30~17:30
※木・祝祭日休診

オペレーター