安い費用の矯正医院が増えてきました


安い費用の矯正歯科医院が増えて来ました

ちょっと昔話です。私(院長・新藤)は2004年に東京都国立市にて開業しましたが、ホームページを作ったのは割と遅くて2007年か、2008年頃だったと思います。それまではホームページが患者様を呼んでくれるとは全く考えていなかったのですが、開業した同級生がHPで集患に成功しているのを見て自分も作ってみようかな・・と思ったのが始まりです。また別の同級生が新宿にある某低価格インプラント医院の立ち上げに関わっていたので、その成功する様子の詳細を聞くことができました。その医院では当時歯科業界でほとんど誰もやっていなかったリスティング広告を利用して、広範囲から患者様を集めていました。
インプラントについては、後発として出て行って太刀打ちするのは厳しいかなと感じていました。でも矯正は違いました。当時はほとんど全くと言ってよいほど比較的安い費用で矯正を行っている医院は無く、まして低価格を売りにリスティングやSEOをかける医院は皆無といってよい状況でした。
私ははじめ、全顎矯正の費用を30万円で設定していました。これは近隣の国立、立川あたりの矯正の標準的な費用が約60万円で、矯正専門の先生を呼ぶと最低でも半額は矯正の先生にお支払いすることから、30万円でも結局自分の取り分は変わらないと考えたからです。矯正の先生からすればそんな料金で利益が出るのか?と思われるはずですが、私には利益が出る確信がありました。何故かというと、保険治療で得られる利益はあまり多いとは言えませんから、一般歯科医はふだん爪に火を点す想いで利益を出しています。保険治療に比べれば矯正歯科治療の一診療単価ははるかに高いですし、そもそもそれまで一般歯科の患者様から得られる利益だけで医院を運営できていましたからリスクはほとんど無かったのです。
ネットから初めていらしていただいた患者様のことは今でも鮮明に覚えています。神奈川県相模原市からのご来院でした。その後、全ての近隣県から、一番遠い方は宇都宮からご来院して頂きました。当時は民主党政権だったので、高速道路無料であったことも幸いしました。それまで半径500メートルだった診療圏が、50キロメートル以上に広がったように思えました。
その後、2013年に新宿院を立ち上げました。国立院は都心から離れているし、駅からも離れており、アクセスに問題があったからです。最初は思ったほど患者様が集まらなくて、苦しい思いもしましたがここまでやってこれました。
そしてやっと本題の話につながってきます。最近は安い費用の矯正歯科医院が増えて来ました。矯正治療は難しいので、一般歯科医にとっては参入障壁が高いです(私はもともと一般歯科医で矯正の習得に非常に苦労したのでこのあたりのことはよくわかります)。一般歯科医は自分のできそうな範囲で、前歯だけの部分矯正をやったり、型だけとれれば参入できるインビザライン(マウスピース矯正)に積極的に参入しているように感じられます。これに加えて、最近では矯正の専門家である矯正医(矯正認定医)たちの間でも価格競争がおこってきているように感じています。
また、以前はネット上の順位を上げるのは比較的簡単でしたが、この1,2年ですごく難しくなってきました。グーグル神(?)様のご意向に沿った対策をしなければならないのですが、なにをすれば良いかがわかりづらいし、評価基準もしょっちゅう変わります。競合医院が増えてきたこともありますし、ネットへの対策の難しさは増しているように思えます。
ただ、一般の患者様にとっては概ね望ましい状況になってきているのではないでしょうか。矯正の費用が安くなり、情報も医院側から積極的に発信されます。一般歯科医が行う矯正治療には注意しないといけない点もありますが、他の医院の話も聞いていけば概ね間違った判断にはならないのではないかと思います。
当院は安い費用で矯正を行う医院の草分けとして、これからも頑張っていきたいと思います。現在は矯正の専門Dr(認定医)が8名在籍するだけではなく、インプラント専門医、口腔外科認定医も在籍しています。比較的安い費用ではありますが、専門的な治療がしっかりと行える陣容を整えています。あらためて院内のDr紹介の掲示板の数を見ると、昔とはだいぶ変わったなぁ・・と感じます。
オーラルデザイナー新宿デンタルクリニックをこれからもどうぞ宜しくお願い致します。


●診療時間
平日:11:00~13:00 / 15:00~20:00
土日:10:00~13:00 / 14:30~17:30
※木・祝祭日休診

オペレーター